常夏の散歩道

シンガポールからの便りです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡し船

シンガポール川にはリバークルーズ船や渡し船が常時航行しています。
クルーズと言っても見かけは日本の屋形船のように提灯が下がっていてアジアらしい風情のあるものです。

たまには船での移動もいいな、と川沿いのショッピングモール[リャン・コート]近くの乗船場から渡し船に乗る事にしました。
色々な値段設定がありますが、渡し船として利用する時はS$3位で乗れます。EZ LINKカード(シンガポールの交通機関用プリペイドカード)で支払うと間違いありません。


シンガポール川を下ります。後方のレンガ色の建物がリャンコート
IMG_5588.jpg
リャンコートは昔ニューオータニで、大丸が入っていました。今はノボテルとなり、日本のスーパーマーケット明治屋が入っています


クラーク キー[CLARK QUAY]
IMG_5596.jpg
昔は商家や倉庫、荷下ろし場だった地区で一時期大変にさびれていましたが、再開発により街並みを残しつつ全く印象の違う観光スポットとなりました


マリーナ・ベイ・サンズが建物の上に・・・
IMG_5605.jpg
オレンジ色の屋根瓦の建物はアジア文明博物館[Asia Civilisations Museum]


フラトンホテル[THE FULLERTON HOTEL]とカヴェナ橋[CAVENAGH BRIDGE]
IMG_5614.jpg
フラトンホテルは夜ライトアップされると一段とひきたちます


アンダーソン橋[ANDERSON BRIDGE]をくぐる
IMG_5621.jpg
この橋もF1のコースなので夜間照明が取り付けられている


エスプラネード橋[ESPLANADE BRIDGE] 河口に近づいてきた
IMG_5626.jpg
この橋もF1のコース


水上からの眺めも良いもの
IMG_5630.jpg


F1開催の前にお化粧直し(?)のマーライオン
IMG_5632.jpg


オフィスエリアのビルも年々増えて
IMG_5635.jpg


マリーナ・ベイは決して広くはないのだけれど、こんな景色が楽しい
IMG_5636.jpg


クリフォード桟橋[CLIFFORD PIER]近くで下船
IMG_5642.jpg
左の観光船(割と今風の船・・・)に乗ってきた。 右は最近登場したディナー船。貸切で航行しているようだ

運行時間がはっきりしていないので、時間に余裕のある時に乗るのをおすすめします。
平日の昼間など空いている時は乗客もまばらで、週末や夕方以降は乗船場も混み合います。
仕切っているオジサンも混雑時は手一杯のようなので渡し船で利用する客は色々言わないと乗りそびれるかもしれません。
それから、リバークルーズを観光で楽しむのであれば、夜の方が楽しめると思います。
私はまだ機会がないので、これから乗ってみたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。