常夏の散歩道

シンガポールからの便りです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツバメの巣ドリンク

シンガポールで売られているツバメの巣(乾物)はとても高い。
買う人は高い事を承知の上だから高くても売れるし、むしろ高い物の方が上等品という認識かも知れない。マリーナ・ベイ・サンズ内のショップが高いだろうことは想像がつくが、チャイナタウンの店でもやはり高い。

ツバメの巣は、タイが一大産地だ。※
昔、マレーシアとの国境の町ハジャイに行った時、町のそこここにツバメの巣メニューを出す店があって、たしか町の名物になっていた。それは甘味としておやつや食後に食べるような物で、値段はとても庶民的だったと思う。そしてとても甘かった。

ツバメと言ってもウミツバメ、そして巣も海の洞窟や断崖ではなく、ツバメの巣を採取する小屋、いや小屋ではない、コンクリート作りの[ツバメ用]公団住宅的な建物の中に巣を作らせ、採取するらしい。
当時だってツバメの巣は高級食材だったから、いくら産地とは言え手頃な値段に驚いた記憶がある。

その時はまだ若かったので「美容のために買って帰ろう!」とか、ましてや「これで一儲け!」などとは全く思わず、甘~いツバメの巣デザートを食べただけで終わった。

さて、ツバメの巣ドリンク。以前はシンガポールではあまり見かけず、マレーシアには割と普通に売っていた。最近は当地でもよく見かける。350mlの缶入りでS$1位。でもこれはツバメの巣フレーバーの飲料で、無果汁ならぬ「無ツバメの巣」、雰囲気だけのものらしい。(買ったら載せます)

最近、本当にツバメの巣が入っている飲料をセブンイレブンが置くようになった。(最近と言っても、もう1ケ月は経ちます…)

tsubame
ツバメの巣ドリンクは、S$5位。いい感じの値段設定…。高過ぎず、怪しむほど安くもなく
味は、ほんのり甘い砂糖水のような感じ。効能は…。
左は一緒に買ったパパイヤ牛乳。味はフルーツ牛乳のような感じで飲みやすい

最近、画像中央のKimブランドの配送トラックを街で見かけるようになった。儲かっているのかな!

※近年は生産量ではインドネシアが上回っているらしい。ツバメの巣長者が生まれ、投資話にもなる位、過熱しているとも聞く。
スポンサーサイト

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。