FC2ブログ

常夏の散歩道

シンガポールからの便りです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タクシーに忘れ物したら

この項目が役に立つとはあまり思わない。
なぜなら、忘れ物をした人がこのブログを見る可能性は低いからだ。

もしシンガポールでタクシーに忘れ物をしたらそうするのだな、と思って下さい。

まず、忘れ物した事に気付いた時点で、タクシーの色や車種、模様などからタクシー会社を特定する。
乗降した日と時刻、どこからどこまで乗ったかをなるべく正確に思い出す。
ドライバーの性別、人種。
ナンバーが分かればなお良いが、忘れ物する前提でないから…。その点、領収書をもらっていれば色々安心。
あとは、忘れた物と、クルマのどこに置いたかなど…。日本国内となんら変わらない。

インターネットでカスタマーサービスにアクセスすると、上記の内容を記入して送信するフォームがあるので、それを利用しても良いし、オペレーターとの直接通話で調べてもらう事も出来る。
受付番号が発行され、経過はインターネットで見ることも出来るが、こちらが伝えた連絡先にメール(あるいは電話)が来るので、その指示に従って行動すれば良い。

忘れ物が見つかった場合は、忘れ物取扱いカウンターに取りに行く。
受付時間、預かり期限などもメールで送られてくる。身分を証明するものを忘れずに持参する。

カウンターには忘れ物の受け取り用紙があるので必要事項を記入し、身分証明と共に提出。
品物を確認して、晴れて手元に戻ってくる、と。

忘れ物が出てこなかった場合については、体験として書けないのでどのような経過となるのか
分からない。

カウンターにはドライバーが乗客の忘れ物を持ち込んだ時の記入用紙もあり、「届けてくれてありがとう」というような事が貼ってあった。

※これはComfortとCity Cabというタクシー会社の場合です。


スポンサーサイト

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。