常夏の散歩道

シンガポールからの便りです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外のうるち米事情

シンガポールでは日本産の美味しいお米が手に入る。国内価格よりは高いが、とにかく売っているから有難い。
日系デパートやスーパーに行けば必ず売っているし、地元のスーパーでも扱うようになり風味も落ちていなかったから、それなりの流通量があるようだ。

日本を交えてのTPP交渉が始まり、その行方が大変気がかりだが、実際海外で日本のお米はどのくらい生産され、流通し、そしてどのくらいの価格で売られているのだろうか。品質は?風味は?競争相手として手ごわいのか?色々気がかりな事が浮かんでくる。

素人の私はそれらを今、数字的なもので表すことは出来ないのだが、陳列棚を見ると改めてライバルの多さを痛感する。

kome3
Giant※というローカル大手スーパーのコメ売り場には、様々な品種、産地のコメが並ぶ
※ローカルといってもインドネシアやマレーシアにも店舗がある国際企業


kome2
国寶と錦はカリフォルニア米の古株。価格は2.5㎏詰のもの


kome
左、CALROSE RICE[カルロース米]、右はSUSHI RICEとある。どちらもカリフォルニア米


kome4
右がオーストラリア産のCALROSE RICE。左はパキスタンの米(長粒米)


kome1
田牧米[タマキマイ]はこの中では最高級品種だ。一番下に地味に置かれているけれど…


実はシンガポールに来てから、これらの米は買っていない。
日系の店で日本産の米を買っているので、Giantのコメ売り場をまじまじと見たのは初めてだった。

初めての海外生活がマレーシアで、カルロース米か錦を買っていたように思う。どうしてもコメにつく虫が発生してしまうので、研ぐ時はまず水に浮いた虫を流してから研いでいた。(コメを冷蔵庫で保管すると出なかったかも知れない)
田牧米が美味しいので定期的にシンガポールに買い出しに来ていた。首都のクアラルンプールでさえ手に入らなかったのだと思う。今も同じ品種が売られていた事に少しの驚きと懐かしさを感じた。

さて、これらの「外来」うるち米が日本に入ってきたらどうだろう。
日本人には、日本産のコメの方が全てにおいて美味しいと思う。カリフォルニア米は、コメの形もほんの少し日本産よりも長いから、同じうるち米でもやはり違うのだ。
カリフォルニア米を食べる人は、日本人以外の人がほとんどなのだと思う。日本食好きの外国人や日本食レストランで消費されるのだろう。だから日本産の米と比較しなくて良いのだ。
白飯で食べない場合や加工品であれば、コストの安いコメを選ぶかもしれないが、外食産業でも美味しい米にこだわる日本だから、お米と同じく粘れると思うのだけれどな。
スポンサーサイト

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。