常夏の散歩道

シンガポールからの便りです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製菓材料

シンガポールにも製菓材料の専門店があることを知りました。

調べてみると「Phoon Huat」という名のその店は島内に9店舗もあります。
行きやすい店舗を調べて訪れてみました。※行ったのは5月のことです

phoonhuat1
Phoon Huatは、漢字で書くと「奮発」なのでした


phoonhuat2
小売りもしている卸しの店という感じ


phoonhu3at
街ではまず売っていない(と思われる)シフォンケーキの金型

当地では、シフォンケーキは昔からパン屋などで売られているので、ケーキというよりも甘食みたいな感覚です。だからパン職人が焼くもので家庭ではそれ程作らないのかも知れず、従って金型も売っていないのかも知れません。あくまでも推測ですが。
現在はシフォンケーキ屋も出来て、色々なフレーバーのシフォンケーキが売られています。
そしてシフォンケーキミックスもスーパーで見つけたので、家庭でも焼くのでしょう。

phoonhuat4
人形焼の型みたいな金型。打ち菓子も作れそう

店舗は、このような製菓用品のスペースと、粉やバターなど製菓材料のスペースが半々位。
隣にはマジパンなどを使ったケーキのデコレーション(マジパンアートというらしい)用品の専門店がありました。

undefined
パン用の小麦粉とクルミ、レーズン、アーモンドパウダーを買って帰る
これらでパンを焼いています

RED MANブランドの製品はスーパーでも売っていてなじみがあります。
Phoon Huatが販売元(packed by)だったとは。「奮発」グループは大手のようです。
スポンサーサイト

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。