常夏の散歩道

シンガポールからの便りです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラマダン中のアラブストリート

アラブストリートに行ったらモスクの前に屋台が連なっていた。
サルタンモスク[Sultan Mosque]は、このエリアの中心でありランドマークでもある。

arab st2

今までモスクの前に屋台が出ているのを見た事がないので何だろうと思ったら、
今はラマダン(断食)期間なのだった。
日の入り後は飲食可なので、断食明けの人々に向けた屋台が出るのだろう。
とは言え、誰でも買えるので土曜日だったこの日は沢山の人で賑わっていた。

arab st5
魚のすり身をバナナの葉で包んで焼いたオタ・オタ[Otah Otah]


arab st1
ケバブも。下のメニュー写真が気になる。Shawarmaは聞いたことの無ない料理名だ


arab st3
スイーツの屋台でオンデ・オンデ※を買った。5個S$2
※Onde Onde-右から8番目、黒蜜入りのダンゴにココナツをまぶしたもの


arab st8
本当の意味での屋台が少なくなったシンガポールでは、かえって新鮮


arab st9
ドリアンロール、マンゴーロール有りマス。ドリアンスイーツは増殖している


arab st7
フライド・オレオ?? B級感たっぷりだなあ


モスク前のブッソーラストリート[bussorah street]には中近東系のレストランが並ぶ

arab st10

レストランのテーブルに水タバコの器具が置かれていたりする
実際に吸っている人を見かける事があるのも、このエリアならでは
arab st4

昼間は至ってのどかなアラブストリートだが、夕暮れ時からはムーディーな街へと変化する。
旅行ベースで来ていた時には殆ど寄る事がなかった。時間的な制約があると優先順位の関係でなかなか足を延ばせなかったのだ。
小さなエリアだが、高い建物もなく人工的な賑々しさもない、ゆるゆると過ごせる場所だ。
スポンサーサイト

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。