常夏の散歩道

シンガポールからの便りです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マップ&運行案内

バスを利用する際に必要な路線の検索や、到着予定時間などの情報は、全てケータイあるいはパソコンで事足りる。だが全体像を頭に入れたいと思うと、紙の媒体の方がいい。
公共交通マップと運行案内[BUS GUIDE&BUS-STOP DIRECTORY]を買ってみた。
バス網が隅々まで行き渡っている事、さらには営業時間にも驚かされた。

busmap
情報の宝庫
書店のほか、コンビニやスーパーなどで売っている場合もある

運賃は、距離やエアコンの有無などにより設定されている。一律料金の路線もある。
日本のような時刻表はなく、何分間隔の運行なのか時間帯ごとに記されている。
最低料金はエアコン付でez-link card(プリペイドカード)の場合3.2kmまで73セントとあるが、コインの最少単位は5セントなので3セントはカードならでは。現金の場合は1ドル10セントだ。
最高料金はエアコン&カードの場合40.2km以上は一律1ドル96セント、現金の場合は23.3km以上一律2ドル20セントである。ちなみにシンガポールの東西は約42kmだ。
エアコンなしの料金は更に安いが、エアコンなしのバスに当たった事はまだない。
乗車時だけでなく降車時にもカードをセンサーにかざす。駅の改札の感覚だ。

運行案内やマップを見ていくと実に面白い。前述の運賃の詳細もそうだが、バス停の索引や主要MRT駅周辺のバス乗り場など必要な情報がほぼ収められている。
路線を見ていると、この国の生活までも見えてくるようだ。

深夜バスの運行案内
undefined
運行は金・土曜日と祝祭日の前日のみで、午後11時35分から午前4時35分まで20~25分間隔で、また循環だという事もが分かる。運賃は一律4.5ドル。
運行案内はポケットサイズなので、文字が小さいのがちょっと辛い所だが、中身はずっしり。
スポンサーサイト

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。