FC2ブログ

常夏の散歩道

シンガポールからの便りです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボット掃除機

ロボット掃除機を買いました。
Miele(ミーレ)というドイツのメーカーで、洗濯機や調理家電、食器洗い乾燥機などの老舗(1899年創業)ブランドです。と言っても私は検索して初めてその事を知りました。

シンガポールではi-robot社のルンバや日本のメーカー、韓国ブランドなど選択肢はまずまずと言ったところです。
形は比較的似ていますが個性はかなり違うようで、掃き方・ダストボックスの大きさ・音など、店員さんに説明してもらわなかったらどれを選んで良いか分からなかったと思います。

では何故このメーカーのを選んだのか、と言うと。
「これなら日本でも使えるよ」のひと言がまず興味を引きました。
「ダストボックスが大きめだよ。こっちのは小さい」
「ランダムではなく、端から掃いていくから無駄がない」
という具合におススメポイントを挙げてくれました。
日本でも使える、とは電圧の事で変圧器なしに日本でも使えるのはとても有難いと思いました。

値段も含め総合的に判断して購入したのだけれど、実際に使ってみると更に良い点が分かりました。
それは音がとても静かなのです。
後日、日本の家電店で色々試してみた時、吸い込むモーターの音が結構大きくて、いわゆる掃除機の音を響かせながら動くのは、在宅中であれば少々落ち着かないなと感じました。
Mieleのはそれらと比べるととても静かです。

ロボット掃除機の限界として、取り残したゴミがほんの少し出ますが、大まかにはきれいにしてくれるので仕上げにドライのフロアモップをかけるだけで我が家はOKです。

予想以上に便利だったので、今はi-robot社のブラーバ購入を検討中です。
スポンサーサイト

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。