常夏の散歩道

シンガポールからの便りです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスカレーター事情など

シンガポール地下鉄のエスカレーターは早いっ!はっきり実感できるほど日本の標準的なそれとは速度差があります。
あの早いエスカレーターに乗ると、何だか出荷される製品になったような感覚になります。(そもそもエスカレーター自体そんな感じですが)
けれども全てのエスカレーターが早いわけでなく、早いのは主にターミナル駅のものです。ほかは日本と変わらぬスピードです。

それからエスカレーターの右側は急ぐ人のために空ける、そんな習慣も定着しつつあります。
並んでエスカレーターに乗っている人でも背後に気配を感じたらごく自然に左側によける人が多くなりました。「並んでいる人の所まで辿り着いたら止まろう」と思って上っていて、よけてくれるとずっと上り続けなくてはならなかったりして苦笑、というような事もあります。

電車の「降りる人が先」も定着していますし、優先席をゆずるのも日本より当たり前の光景です。尤も若者に譲られるのは「良い青年だ」と割り切ることが出来ますが、ちょっと年が近めな人に譲られた日には…。
まだ譲られたくない場合は優先席に近づかない方が安心ですが、シンガポールでは「どーぞ」と呼んでくれたり、優先席でなくても目の前の人がすっと立ち「どーぞ」と言ってくれたりします。
シンガポーリアンは優しいです。
スポンサーサイト

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。