FC2ブログ

常夏の散歩道

シンガポールからの便りです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1の面白さ

F1はモータースポーツの最高峰で華やかな世界というイメージ以外には危険と背中合わせという事位しか想像できないほど非日常的な分野でしたが、シンガポールで観戦するようになり、色々と知るうちに、もの作りと人間ドラマの人情味あふれる世界でもある事に魅力を感じるようになりました。

つい先ごろ行われた日本GPでは、今季再び参戦を果たしたマクラーレン・ホンダの走りをこの目で、それもホームの鈴鹿で観ようと駆けつけたファンも多かったと思います。その思いはどれほどかと。

テスト段階から、そして春の開幕以降も、もう色んな事がありました。完走出来るようになって入賞もしたと思ったらシンガポールGPでは2台ともリタイア、その1週間後の鈴鹿ですからみんな祈るような気持ちで観ていた事でしょう!
結果はアロンソ11位でポイントが獲得出来る10位に惜しくも届きませんでした。バトンは16位と振るいませんでした。

そのアロンソの「GP2発言」は世界のメディアで大きく取り上げられ、順当な優勝のハミルトンよりも話題になっています。
尤もここまでの戦いを知っている人は「そーだよな…、今まで辛抱していたのだろうな」「アロンソだから今回この順位でフィニッシュ出来た」と感じた人もいるのでは。マクーラーレンサイドは発言を強く非難せず、ホンダサイドに至っては受け入れるようなコメントでしたが、避難したら世間から逆非難に遭っていたかも知れないです。
バトンの「鎧も刀も持たないサムライ発言」も殊、日本人には丸腰の侍がどれだけ非力か想像が出来るだけに悲壮感が伝わります。
22年振りのタッグ復活ですから楽な道のりでない事は確かです。

私はマクラーレン・ホンダの復活でF1についてより関心を高め色々知るようになり、多くの規定や制約によって改善も自由には進められない事情がある事が分かりました。小さな1歩の積み重ねでしか前に進めないのはスピードを競うF1のイメージとは異なる地道なもの作りの世界なのです。



直近のF1を解説する番組でも話題は…
20150929_015042_HDR - コピー


若手にあっさり抜かれるアロンソ
20150929_013518_HDR - コピー
後続をうまく抑えてきたがストレートでは打つ手もなく


悲痛な叫びが!
20150929_014138_HDR - コピー



20150929_014615_HDR - コピー
ロン・デニス マクラーレンCEO


*わせみかんの見たF1*

☆ F1は、ガラスのトランプタワーのようなもの。繊細で地道で、それでも結果は分からない

☆ 世界チャンピオンの発言だからこそ注目も集める⇒話題になれば関心も高まる⇒集客やF1
  人気にもつながる…、となるとこれも興行的にはポジティブ発言?
 
☆ 日本人は険しい道を登るその過程が好き。それを見守るのも好き。頂きの景色を共に眺めよう
  、そんな気持ちが好き。頑張れマクラーレン・ホンダ

スポンサーサイト

亀の伝説・クス島

シンガポールに住んでいて、名前は聞くけれど具体的な事があまり分からない観光地(?)というのが結構あります。
日本の観光ガイドブックにはほぼ載っておらず地球の歩き方なら載っているエリア。
だから話題に登っても「行ってみたいけれど遠いね」「行き方が…」となり機会に恵まれなかったりします。
クス島もそんな場所のひとつでしょうか。東京から江の島に行くよりずっと手軽なのですが、情報が少ないのです。
それに「行った所で何にもないよ」とも聞きますからわざわざ行く人も少なく、その結果情報も乏しいのでしょう。

クス島は表題のとおり亀伝説の島です。亀を祀る社があって亀もいるらしい…。


MArina South Pierは2014年開業の新しいMRT駅
IMG_6486 - コピー
MRTの駅が開通したから便利になったと思ったらこの駅行きのMRTの本数は少ないのです
他にはタクシーや路線バスも使えます

中央の建物が駅舎
IMG_6494 - コピー
まわりはまだ原っぱ。数年後にはどう変わっているでしょうか


場所はマリーナ・ベイ・サンズの後ろ方向になります
IMG_6487 - コピー



IMG_6496 - コピー
大型客船が停泊しているのはマリーナベイクルーズセンター。2012年開業
駅からは渡り廊下のような道を200mほども歩きます


こちらはサウスピアにあるデッキからの眺め
IMG_6500 - コピー
船は曜日により2~5便出ていて運賃は大人S$18(往復・入島料込)。40分位で着くはず


乗船してほどなくシンガポールの街が
IMG_6507 - コピー
左に大型客船も見えます。サウスピアは分かりにくいですがベイサンズの左手白い屋根


潮風にあたりながらのんびり
IMG_6512 - コピー


クス島から見るベイエリアの眺め
IMG_6543 - コピー


道教寺院
IMG_6538 - コピー


確かに亀をお祀りしているようだ
IMG_6542 - コピー


手作り感もあり、そしてなかなか濃いです
IMG_6552 - コピー


IMG_6519 - コピー


IMG_6518 - コピー


TORTOISE SHELTERとあります
IMG_6537.jpg
飼いきれなくなったカメをここに放しても良いというものかな?


本当にカメが沢山いるのでした
IMG_6517 - コピー
カメの伝説については次に書きます  つづく

シンガポール川下り

川下りというと日本だったら秩父の長瀞や、京都の保津川そんなイメージでしょうか。
海外だとパリのセーヌ川クルーズ、ドイツのライン川クルーズなどが有名です。
それらに比べるとシンガポールリバークルーズは規模も景観も違いますが、のんびりとした時間が過ごせるので私は好きです。
シンガポール川は上流に行くとアレクサンドラ運河と名前を変えます。渡し船が運航しているのはシンガポール川と呼ばれている部分らしく、その最上流の乗り場から乗船してみました。


Jiak Kim Bridge
20150401_135357 - コピー
奥が上流。橋の向こうに停泊している船の所が川下りの出発点。交通の便があまり良くないのでひっそりとしています。


乗り場には案内が
20150401_135536 - コピー20150401_135549 - コピー
TAXI SERVICESなのですね。始発点は無人で、運賃は係員のいる乗り場で支払いました
観光案内付きの船は、別コースで随時運行しています


ZOUKもこの川沿いでした
20150401_135935_HDR - コピー



次にRobertson Bridgeがありますが画像が見当たらないので次へ―


Pulau Saigon Bridge
20150401_140555 - コピー
Saiboo stにかかる車道もある橋


Alkaff Bridge
20150401_140746 - コピー
ロバートソン・キーの中程にかかるカラフルな歩道橋


Clemenceau Bridge
20150401_140954 - コピー
これはClemenceau Aveにかかる車道の橋



Ord Bridge
20150401_141105_HDR - コピー
こちらも歩道橋


リャン・コート前に着きました
20150401_141118 - コピー


川沿いの遊歩道には案内板もあります
20150401_134234 - コピー

ここから下流は以前書いた「渡し船」へと続きます(^^)/

F1は鈴鹿へ

F1シンガポールグランプリはベッテルの順当な優勝で幕を下ろしました。
2回のセーフティーカ―出動の内、1回は一般人のコース侵入という珍事。どうやって入り込んだのでしょう!?事故につながらなかったのは幸いでした。

マクラーレンホンダはフェルナンド・アロンソが33週目、ジェンソン・バトンが53周目にリタイアという残念な結果に終わり、またも不安が先行する幕引きとなりました。
私は専門的な事は分かりませんが、マクラーレンホンダのエンジン音は、低速時に単車のような響きがあって独特です。これは特徴なのか課題なのか。結果さえ出れば心配はしないのですが。

次は9月25日から日本グランプリ、鈴鹿です!大会の間隔が1週間というのはレーシングチームはもとよりメディア関係者、そして観戦者も忙しいですね。あるいは一気に回れていいのかな。


マリーナベイを見下ろすスタンド
20150920_185715 - コピー


ライトアップもシンガポールの国旗色
20150920_221649_HDR.jpg
ベイサンズも煙るほど今年の花火は盛大でした…。
マクラーレンホンダが2台ともリタイアという結果に花火はおあずけの心境です(-_-)

F1のシーズン

F1シンガポールグランプリがこの週末に開催されています。
早くも今夜、決勝レースなのですが今シーズンはホンダが参戦という事で日本人またホンダファンにとっては不安と期待の入り混じった思いで毎レースを気に掛けている方も多いかと思います。
期待と不安とせずに不安と期待と記したのはこれまでの結果が道半ばであり、まさに不安の中に期待を込めて見守るというような心持ちだからです。
そのあたりの詳しい事は詳しい人に任せるとして、参戦したからには少しずつでも結果を出していって、F1にホンダありと再び世界に言わしめて欲しいですね。


MRTプロムナード駅近くの2番ゲートから入場
20150918_142112 - コピー
入場のチェックは、まず入場パスのバーコードを読み込み、次に持ち物検査、金属探知機でのボディチェックと厳しいものです。
退場の際もバーコードの読み込みをします。国際イベントの開催というものはこのようにするというお手本のようなチェック体制。2020東京五輪の際もこんな感じになるのでしょうか。
それでもギスギスしたムードは全くなく、スタッフが皆にこやかなのがいいです


20150918_162636 - コピー
撮影用のクレーン。無人で操作しているのかと思いきや、てっぺんのゴンドラにカメラマンがいることも。お疲れ様です


20150918_153123 - コピー
空輸で世界を転戦しているのは知っていましたが、飛行機用コンテナのまま運び込まれているのですね


20150918_151500.jpg
ナイトレースを更に魅力的なものにしているのが隅々まで計算されたライティングです。
Your Singaporeと書いてある部分はF1コースを渡る歩道橋で、その上部には高速道路を下から照らすライトが設置されています。このような演出が街中に仕込まれていて、現地で観戦する人々はもとより映像で観戦する人たちも楽しませてくれます


ピット
20150918_182831 - コピー


表彰をする場所がここ
20150918_183010 - コピー (2)


PORSCHE CARRERA CUP ASIA (Practice)
20150918_164314 - コピー


F1 Practice1
20150918_181648 - コピー



20150918_184315 - コピー
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイもマリーナ・ベイ・サンズもすぐそこ。コンパクトでコンビニエンスなのがシンガポールGPの良い所



マリーナ・ベイ・サンズ側から高層ビル群を見る
20150918_191143_HDR - コピー
このロケーションは以前もありました。公園として市民の憩いの場になっていましたが観光地とも言えず、観光客は絵ハガキや観光船で観る位でした。それが今では毎日たくさんの人が訪れる人気スポットになったのですから感心するばかりです

真理とは辛口なもの?

ついゴルフ関連の記事を書いてしまうのは他の記事用の画像整理が後回しになっているためです。
i-phone等で撮った画像の整理は大変です。手軽に撮れるため、つい枚数を撮ってしまいがち。
気を付けたいですね。

ゴルフショップのレディスコーナーに、ビギナー用のこんな説明が掲げてありました。

ドライバーとは      一番遠くへ飛ばす道具
フェアウェイウッドとは フェアウェイから遠くに飛ばす道具
ユーティリティとは   グリーンを狙う道具 ロングアイアンより楽に飛距離が稼げるのでおスス
              メ!!
アイアンとは       狙った距離、狙ったところに飛ばす道具
パターとは        カップに入れる道具

単純にして明快!…なのですが、私はまだそれぞれの役割を全うさせていないなあ、と苦笑いした次第です。(^^;)←まさにこの表情です 

違いが分からなくてもプレーは出来る

どんな道具にもピンからキリまでプロ用から初心者用まであるものです。

ゴルフを始めてしばらくの間は「どのクラブで打っても距離が変わらない」「どのボールでも変わらない」状況が続くようで、7番アイアンとパターだけで十分だったりします。どのメーカーのがいいとか以前に、クラブごとの微妙な違いやボールの特性など全く違いが分かりません。

それだったらいいものを使う方が良いと考えるか、違いが分からないのならどれだっていいと考えるかは本人次第です。

ただ最初はゴルフの良くわかる第三者に選んでもらい、たとえ上手くいかなくともしばらくは黙々と使い続けるのが良いように思います。上手くいかないのはクラブが安かったせいでも、或いは難しすぎるせいでもなく、自分が下手なだけなのです。

私は今、海外メーカーのハーフセットを使用しています。同じブランドの日本向けモデルは若干仕様が違うようで、背恰好が標準的な日本人の私に外国人女性向けのモデルは合わないのでは?などと思ったりもしました。
ですが今は使いやすく自分に合っていると思います。
ハーフセットは初心者用というイメージがあるかも知れませんが、男性ほど番手による飛距離の違いがないので、実感として物足りなさを感じない限りハーフセットで十分という話です。
早く物足りなくなりたいものですねー。


HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。