常夏の散歩道

シンガポールからの便りです

スイーツ@シンガポール

シンガポールに来て物足りないと感じたものにスイーツがあります。
ローカルの味にというだけでなく、日本的なスイーツのお店があまりないな、と。
そして味や値段も日本に比べると満足度が落ちるかな、と。

ニーアンシティの高島屋内にはスイーツのお店が何軒かあり日本風なケーキが買えます。
TWGやPAULなどは多店舗展開をしていてケーキも食べられます。それでも日本のケーキとはちょっと違うので、日本のケーキが食べたくなります。
そんなシンガポールに最近、パティスリーが増え始めてきました。

筆頭はアンリシャンパルティエでしょうか。デンプシーヒルの端にこっそりとあります。簡易な店舗ですがそれが今風な雰囲気、店内は「日本」です。
ラオ・パサのデリチュースも日本の店舗から出店しています。リニューアルして綺麗になったラオ・パサですがホーカーなのでオシャレな雰囲気でケーキを食べられるわけではありません。

最近出来たのが、テロック・アヤ通りのPantler。カフェスペースもあるお店です。
オペラが美味しかったです。この界隈は隠れ家的な分、出店には賭けのようなリスクが伴うかも知れません。
タンジョンパガ―プラザの2階にこれまたこっそりとあるのがシェフ・ヤマシタです。
ローカルの人がよく買いに来ています。

GLACEは、何軒か店舗がありますが少しローカルナイズドしているような。
DIXTON HILLにFlorという小さなケーキ店もあります。

シンガポールでは洋酒などアルコールでの風味付けが難しいのか、あるいはこちらの人好みの味なのかひと味足りない気がする事もあります。
個人的に美味しかったのは、デリチュースのショートケーキとPantlerのオペラでした。アンリシャンパルティエはどれもおいしいと思います。
そうそう日本的なケーキは高いです。1個S$5~8位で銀座で買う位の値段がします。
スポンサーサイト

HOME : TOP

Monthly