常夏の散歩道

シンガポールからの便りです

スンゲイブロウ湿地保護区 SUNGEI BULOH WETLAND RESERVE

スンゲイブロウ湿地保護区は、シンガポールの北に位置する自然保護地区です。
シンガポール日本人会の会報「南十字星2月号」に掲載されてから、ずっと行ってみたいと思っていたのですが、なかなか機会がなく、行けたのは9月の事でした。そしてブログに書けたのは11月…。

スンゲイブロウはマラッカ海峡に面した、都心から遠い場所にあるので、シンガポールの中にあってはショートトリップ感覚です。
雰囲気もシンガポールらしからぬ大自然が保全されていて、自然が好きな方にはホッとできる場所です。もっとも「日本の」自然が恋しい方には、気休めにもならないかも知れませんが。


看板などの画像を撮らなかったため、いきなりマングローブの林に、ご案内
IMG_2993.jpg


木漏れ日の中を木道に沿って歩いてゆくと、色々なものに遭遇。これは「筍根」
IMG_2981.jpg


キノボリガニ。満ち潮で木に登るようだ。甲羅の直径は5㎝ほど
IMG_2984.jpg


トビハゼの仲間。体調30㎝はある
IMG_2985.jpg


サイチョウの仲間がいた
IMG_2998.jpg


ヤブの中にこんな花が
IMG_3001.jpg


訪れた時間帯は満ち潮だったので、干潟はあまり見られなかった
IMG_2990.jpg


そしてシンガポールのネイチャーツアーお決まりの人工構造物は対岸マレーシアのジョホーバル
IMG_2995.jpg

自然環境に触れたければ、近間でマレーシアかインドネシア、あとは地の利を生かしてもう少し遠くの国に旅行するしかないのかな、と思っていた部分もあったがどうして。自然に触れられる場所はたくさんあった。
日本とは地理も気候も異なるから比べることは出来ないが、ここは130ヘクタールの敷地にいくつものウォーキングルートがあり、目的や所要時間に合わせて1日過ごす事も出来る場所だ。

スポンサーサイト

街スナップ

シンガポールは、少し前からクリスマスの飾り付けが始まっています。
ライトアップはまだで、きっと点灯式のようにもうじきパッと明かりが灯るのでしょう。


IMG_3706.jpg
PARAGON前のツリー。いち早くお目見え
パラゴンは少し前に大リニューアルして、外観がすっかり様変わりした
他のショッピングコンプレックスも模様替えが進み、数年前にシンガポールに訪れたという人でもその変化に驚くかも知れない


IMG_3725.jpg
Orchard Centralのデコレーション
街路樹から下がっているひし形の物は、今年のオーチャードロードの飾り付け


IMG_3724.jpg
The CenterPointの飾り付けはまだ「工事中」
隠す目的でなく安全面で囲っているのだが、オブジェが見え見えなのが面白いな、と


IMG_3716.jpg
TANGSのショーウインドウ。shu uemuraのディスプレイに村上 隆を見た


IMG_3717.jpg
限定パレット?


IMG_3494.jpg
TANGS(マリオットホテル)の前は工事中
地下鉄の新たな出入り口を作っているから、らしいのだが、日本でいえば「銀座4丁目交差点」のような場所も大胆に囲い、う回路もよく変わるので、常に迷子になる可能性が


IMG_3713.jpg
Raffles Placeの、あるセブンイレブンは金の看板。確かに金融街だが…

AFAに行ってみた その2

多分シンガポール最大の日本アニメのイベント、アニメフェスティバル アジア(通称AFA)in SINGAPORE。私が行った時間帯は日曜日の昼頃。盛況でこそあれ殺気立ってもなく、いい感じの混み具合でした。

「その1」の画像で、会場エントランスは少々閑散としていましたが、ひとたび階を上がると、そこは熱気にあふれていました。当地はコスプレイヤーさんが意外に多いのです。運営サイドからの規定がないのか、コスプレのまま街を歩けるので地下鉄でレイヤーさんに遭遇したりします。
IMG_3781.jpg


何のコスプレか、見る人が見れば分かるのですよね
IMG_3784.jpg


プロ漫画家の原稿(複製)などの展示コーナー
IMG_3766.jpg


日本ではガチャガチャ、ガチャポンで通っているが、当地では正式
名称のカプセルトイで呼ばれているのだろうか
IMG_3770.jpg


「進撃の巨人」のブース。インパクト満点!
IMG_3768.jpg


“科學超電磁砲”と、“魔法少女小圓”のポスター
IMG_3751.jpg
「MUSE木棉花」は、台湾に本社がある日本アニメの版権を取り扱う会社
アニメのテレビ放送や、DVD、関連商品の発行などが主な業務内容で、香港事務所もある
正式社名は、木棉花国際股份有限公司、…などが調べて分かった


こちらはステージブース
IMG_3775.jpg
ARCC[AFA REGIONAL COSPLAY CHAMPIONSHIP]のコスプレ東南アジア決勝大会の
模様。夜には、ここでアニソンコンサートが開催される


この画像から何のコスプレか判った方は、かなりの…
IMG_3776.jpg
決勝大会は、東南アジア6か国から優勝者がエントリー。2人ペアで1,2分の寸劇を披露する
審査員はアジア各国のカリスマコスプレイヤーが務めていた。優勝はインドネシア代表!

このコーナーには日本からKaname☆さんが、他のコーナーではRYOHEI KIMURAさんとRYOUTA OUSAKAさん2人の声優が出ていました。と言っても私は存じ上げなかったのですが…
客席のノリの良さは海外ならではというか盛り上げ上手というか、一体感がありますね


【おまけクイズ】
中国語(台湾版)になったアニメのタイトルから、日本でのタイトルを当てて下さい
ちょっと前のから、昔ながらのものまであります

①航海王
②義呆利
③小雙俠
④怪医黒傑克
⑤刀劍神域
⑥花牌情縁
⑦我的妹妹哪有這麼可愛!

MUSE木棉花のHPで面白いな、と思って作りましたが、私は特にアニメファンではないです



答え:①ONE PIECE ②ヘタリア ③ヤッターマン ④ブラックジャック ⑤ソードアート・オンライン ⑥ちはやふる ⑦僕の妹がこんなに可愛いわけがない
となっております

AFAに行ってみた

AFAとは、アニメ フェスティバル アジアの頭文字で、アジア各国で毎年開催されている日本アニメのイベントです。
シンガポールでは13回目、場所もサンテックシティ(国際展示場)の広いホールを使って開催しており、11/8(金)からの3日間は街でのレイヤーさん出現率が高くなっていた模様です。

イベントの規模は日本と比べるとこじんまりしたものだと推測します。
個人の出店ブース、企業ブース、メイドカフェなどで構成されるエキジビションエリアと、フューチャーアニメの上映、日本の声優さんやシンガー、アジア各国のカリスマコスプレイヤーさんが出演するイベントが行われるステージエリアがあり、入場料は10s$~s$88/1日です。

IMG_3786.jpg
会場のSUNTEC INTERNATIONAL CONVENTION&EXHIBITION CENTERエントランス
傍目には明らかに大勢の人がいて、何事か!?という表情の人も少なくないのだが、会場に行くエスカレーターからの画像は何だか閑散とした印象に…


IMG_3739.jpg


個人の出店ブース ポスター、イラスト本などが多い。いわゆる同人誌は少ない
IMG_3742.jpg


手作り缶バッジやキーホルダー、Tシャツ等の店が多かった
出店数は50~70の間位だろうか。他にコスプレ商品の店もあった
IMG_3745.jpg


イラスト制作にいそしむ人 2,3人しか見かけなかった
IMG_3744.jpg


こちらは企業ブース
IMG_3763.jpg


なんか真剣に撮っている…
IMG_3758.jpg


HELLO JAPANは、日本の番組を放映している当地の有料チャンネル
IMG_3764.jpg


ANIMAX 日本のアニメ専門チャンネル。アニソンイベントなどはアニメじゃなくても放映!
IMG_3765.jpg

続きはまた載せます。

イスタナ オープンハウス

何が忙しかったのか、新しい記事を書けないまま11月半ばになってしまいました。
日本はもう冬なのですね。

11月3日にディーパ バリというヒンズー教の祝日がありました。
たまたまイスタナ(大統領官邸)の前を通ったらオープンハウスだったので入場してみました。
オープンハウスは年に数回、祝日に行われます。数ドルの入場料を払い、パスポート提示、セキュリティーチェックを受けた後、中に入ることが出来ました。


オーチャードロードに面した入口から100mほど歩くと中門があります
IMG_3686.jpg


さらに100mほど歩いて振り返ると庭園越しに街のビル群が見えました
IMG_3680.jpg


鮮やかな南国の花々ですが、情熱的というよりは明るく可憐な印象の花壇でした
IMG_3656.jpg


官邸です。建物内も一部は公開され、各国から贈られた工芸品が展示してありました
IMG_3674.jpg


ディーパ バリだったので、大統領ご夫妻にインドの舞踊が披露されました
IMG_3665.jpg


白鳥が絵になります
IMG_3693.jpg


カモの一群がハスの葉の上で休んでいました
IMG_3697.jpg

敷地内ではブラスバンドの演奏、大道芸的なパフォーマンス、土産を売る店なども出て、広大な敷地の中、皆のどかな雰囲気を楽しんでいるようでした。

HOME : TOP

Monthly